婦人

【理想の顔を手に入れよう】小顔になる方法を要チェック

美容施術で小顔を目指す

顔を触る人

外科手術や薬剤注入で小顔を手に入れる

人は歳を取ると様々な機能が低下して来る事になります。例えば、顔に表れるシワやほうれい線は皮膚がたるむ事で生じる現象です。若い時にはハリのある肌でも、歳を取れば肌がたるみ始める、吊りあげている機能が低下する事で顔がブルドッグのようなものになる、シワも増えるしほうれい線も目立つようになってくるなどの症状を引き起こしてしまいます。これは加齢によるもので、若返りを行うためには様々な工夫や努力をしなければなりません。顔のマッサージを行う事もたるみを改善する効果を期待する事が出来ますし、肌年齢が若い人であればシワが減るなどの効果が生じるケースもあるのではないでしょうか。しかし、たるみが生じる事で顔が大きく見えてしまう。マッサージだけでは小顔になる方法には及ばない事も少なくないわけです。美容整形外科では小顔になる方法を多数用意しています。美容整形外科での小顔になる方法には手術を受けるやり方とプチ整形術の一つでもあるボツリヌス毒素から抽出を行ったボトックスを利用するやり方がありますし、手術法には口の中から切開を行って脂肪を除去するやり方、耳の内側からドリルのような物で穴を開けて、頬骨を削るやり方など様々です。美容整形外科の手術法の中にはエラや頬、顎などを削る方法や骨を切る方法があります。一見、同じような手術法に思える人も多いかと思われますが、骨を削るのと切るのでは手法そのものが異なりますし、仕上がりにも違いが生じます。骨を削る方法は凹凸のある輪郭をすっきりとさせて小顔に変える、骨を切る方法はすっきりと引き締まった小顔に変えるなどの特徴を持っています。角張った顔が気になる人や頬骨が付き出ているように見えるのでなんとかしたいと考えている人、卵型のような輪郭を持つ顔にしたい人などは骨を削る方法がお勧めです。また、エラが張っている人や顎が出ている人、顎が長くてしゃくれている人、顔が大きいと言われた事がある人などは骨を切る方法がお勧めです。それぞれの手術法による効果は美容整形外科のホームページの中にある症例をチェックする事で、輪郭が手術でどのように変化するのかを把握出来るようになります。また、症例数が多い美容整形外科は実績も多数持っているなどからも安心感を得る事も可能です。ボトックス注射の場合には短時間で施術を受けて小顔になる事は出来ますが、医薬品の持続効果は永久的ではなく、薬の効果が弱まると同時に顔の輪郭は元の状態に戻って来てしまいます。繰り返しボトックス注射の施術を受ければ効果の期待は出来ますが、中にはボトックス注射の効果が半減してしまい、初回のように小顔にならなくなるケースもあると言われています。手術の場合には半永久的に小顔の状態を維持出来ると同時に、皮膚のたるみを予防する効果も期待する事が可能です。骨を削る、もしくは骨を切ると聞くと大手術を受けるイメージを持つ人も多いかと思われますが、これらの方法は口の中からアプローチを行う方法で、傷痕が表に出来るものではありませんし、日帰り手術で小顔になる方法になっています。ちなみに、施術法には色々な手法があり、カウンセリングを受ける事で自分に一番最適な方法を専門医が選んでくれます。