婦人

【理想の顔を手に入れよう】小顔になる方法を要チェック

効果が長く持続する

カウンセリング

美容外科で受けられる施術

友達同士で旅行に出掛けた時に撮影した写真を見た時、自分だけ顔がやけに大きく見えてしまい、以降顔が大きい事にコンプレックスを抱えてしまう女性も多いのではないでしょうか。女性の多くは小顔に憧れるなどと言われていますが、エラが張っているなどの場合、顔が横方向に広がるなどからも顔が大きく見えてしまうケースが多いと言われています。小顔になる方法にはボトックスを利用したり、外科手術を利用したり、いずれも美容整形外科での施術を受ける事で小さく見える顔にする事が出来ます。ちなみに、ボトックスはボツリヌス菌を精製した薬剤をエラ部分に注入する方法です。ボトックスと呼ぶ薬剤には筋肉を弛緩する作用があり、薬剤を注入すると頬の筋肉が小さくなって小顔を簡単に作り上げられます。ボトックス注射を行っている美容整形外科や美容皮膚科などで施術を受ける事が出来ますが、ボトックス注射の場合は長期間の持続効果がなく、薬剤の効果が薄れて来ると筋肉は元の状態に戻ってしまいます。外科手術の場合は、顔を大きく見せている頬骨を削り取る方法などからも、長期間の持続効果を期待する事が出来ますし、頬のたるみなどにより生じるほうれい線などの予防効果も期待が可能です。ほうれい線は年齢を重ねると同時に目立つようになるもので、小じわなどと比べると溝部分が深くなるため老け顔になりやすいのが特徴です。年齢を重ねて行くと頬の筋肉が弱くなってしまい、全体的に頬がたるんでしまし、ほうれい線が目立つようになるわけです。小顔になる方法の中にはたるみの改善効果を持つものも多くあります。口の横にある脂肪の事をバッカルファットと呼びますが、この脂肪は頬の中央部の中でも深い場所に存在している脂肪の塊です。別名として頬脂肪体などとも呼ばれているもので、18歳頃までは頬の中でも高い場所に位置していますが、年齢を重ねると同時に下方向にたるんだようになってしまい、膨れ顔やブルドッグ顔と呼ぶ表情を作り上げてしまいます。また、バッカルファットはたるみやほうれい線の原因とも言われています。バッカルファットを切除するやり方は、小顔になる方法の一つでもあり、バッカルファットを手術で除去しておけば、小顔になるだけでなく若返り効果やたるみの予防にも効果を期待する事が出来ます。バッカルファットは大半の美容整形外科で行われている小顔になる方法でもあり、組織を傷めにくいなどからもダメージが少ない、施術を受けた後の腫れが少ないなどの特徴を持ちます。手術方法としては麻酔を行った後に、口の内側を1〜2センチほど切開を行い、頬脂肪体とも呼ばれているバッカルファットを切除します。傷痕は口の内側からの手術になるので人から見える事はありませんし、数か月ほどの中で目立たなくなるので安心です。また、切開を行った部分は吸収糸と呼ぶ専用の糸を使って縫って貰えますし、吸収糸は自然にとけるなど抜糸が不要です。美容整形外科では、バッカルファット以外の小顔になる方法も可能にしているので、評判の良い美容整形外科のホームページをチェックして手術法を調べてみると良いでしょう。