すっきりしたフェイスラインで小顔効果を実現。

【理想の顔を手に入れよう】小顔になる方法を要チェック

美容施術で小顔を目指す

顔を触る人

若い頃は肌のハリもあり、特別顔が大きいなどと感じなかった人も、年齢を重ねる事で皮膚がたるみはじめ、顔が大きく見えてしまうケースもあります。小顔になる方法を知りたい時には美容整形外科のサイトへアクセスがお勧めです。

効果が長く持続する

カウンセリング

外科手術を利用して小顔になる方法は、エラ骨を削り取って顔の輪郭を修正するやり方になります。しかし、エラ骨を削る方法には幾つかのやり方があり、難易度や効果などが異なります。

すっきりした顔になれる

ドクター

美容整形外科で叶える

顔の大きさは、その人の骨格や脂肪、筋肉のつき方・発達具合によって変わってきます。小顔になる方法として先に思いつくのが、骨格の歪みを取るマッサージやリンパマッサージなどです。もし、マッサージをしてみて満足する結果にならなかったら、美容整形を検討してみるとよいでしょう。顔が大きく見える原因をしっかりと突き止めないと、小顔になる方法を試しても満足する結果は得られません。そのため、まずは美容外科クリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。カウンセリングは一般的に予約制となっており、最近では24時間いつでも予約できるように公式ホームページに予約フォームを設けている美容外科クリニックもあります。美容外科クリニックではプライバシーの観点から、カウンセリングも個室で行う場合が多いようです。自分の悩みを人に聞かれる心配もないので、安心してカウンセリングが受けられるでしょう。カウンセリングしながら、具体的にどういった施術方法で小顔になっていくのか決めていきます。脂肪の厚みや骨格を見ながら判断してもらえるので、自分に一番合った施術方法を提案してくれます。また、実際に施術した人の症例写真を見せてくれる美容外科クリニックもありますので、参考にしやすいでしょう。施術方法を決める際には、必ず費用の説明がされますが、支払い方法についてきちんと確認しておくことが大切です。支払い方法はクレジットカードやローンなどが利用できます。小顔になる方法の中で最も効果が高いとされているのが、フェイスラインの骨を削り小さくする施術になります。エラの部分の骨を削るので、正面や横から見てもしっかりと小顔になっているのがわかります。また、エラの骨を削る手術は全身麻酔を用いて行うため、局所麻酔の手術は怖いと思う人でも安心です。全身麻酔を行う手術なので、麻酔科医がいる美容外科クリニックを選ぶとなおよいでしょう。なお、麻酔科医がいるかどうかは、公式ホームページやカウンセリングで確かめるようにします。エラを削る手術は顔に傷跡が残らない方法で進めていくので、傷口の治りが気がかりという場合でも問題ありません。顔の表面ではなく、口の中から切開していくので傷跡が気にならないのです。しかし、傷跡は目立ちませんが、術後安静にしておくことは非常に大切です。医師の指示に従い、2週間程度は顎に負担がかかるような食事は避けたほうがよいでしょう。また、傷口に影響を与えてしまうため、熱いものや極端に冷たいものは摂取しないように心がけます。口を大きく開けにくいと感じる人が多いため、あまり口を開けなくても食べられるようなものを事前に用意しておくのがベストです。食べやすいおかゆやゼリー飲料がおすすめです。また、術後に気になる点があれば、すぐに医師に相談することが大切です。特に、術後につける圧迫固定用のバンテージなどは自己判断で外してしまわないようにしましょう。小顔になる方法として人気の骨削りですが、完全に腫れが引くまでには時間がかかるのが一般的です。しかし、ダウンタイムを乗り越えた後には、生まれ変わったような自分に出会えるとして、多くの人が手術を受けています。

口コミから探そう

看護師

小顔になるには、顔だけに注目するのではなく全体のバランスも考えた方が良いでしょう。自分の顏の骨格を見極めて、小顔になる方法をいろいろ工夫していき、体を整えながら小顔を目指しましょう。